メバル釣りや釣りのことなら!

メバル釣りの魅力

メバル釣りに興味はありませんか。メバルは、フサカサゴ科の魚で、地方名テンコ,モバチメなどと言い、全長20cm程度の魚です。体色は生息場所によって異なってきますが、普通は褐色地に不明瞭な暗色斑があります。こんなメバルを見るためにも釣りに行きましょう。


浮き釣りにはのべ竿一本の手軽さがありますが、道糸とハリスは細いほうが釣果の上がるポイントでもあります。道糸は少し太めの1号ハリスは0.8号、これで30センチをこしてもなんとか、なんとか大丈夫?、ここからは取り込みの腕の問題になるのかもですね。


いつでも大漁と行かないのが釣りの醍醐味のひとつ、ストレスを発散するどころか溜め込んでばかりいる人がいるのも事実ですが大漁の時には小さいものはリリースを心がけしましょうね、狙うは30センチオーバーと言いたいのですが、食べられないようなものまで持ち帰るのはちょっと考え物です。


メバル釣りの夜釣りには餌を数種類用意することが肝心です。明かりがないところではゴカイなどの砂むし明かりがあるところではそれによってくる小魚を狙い目にしてエビやシロウオを用意しましょう。釣果が断然違うこと請け合いです。エサを替えて楽しいメバル釣りをしましょう。


メバル釣りの魅力は気軽に行きやすいということかもしれませんね。都会でも気軽にできるなんて素晴らしいじゃないですか。田舎と比べるとただでさえ自然が少ないわけですからね。何も考えずにボーっとできるできる時間というのは贅沢な時間といえますから、仕事で忙しい日常を過ごしている方にはいい気分転換になるでしょう。

メバル釣りのポイント

メバル釣りを計画したのなら天気予報は絶対にチャックをしましょう。 アームにしてもエサ釣りにしてる風があると釣果に凄く影響が出ます。風や波の動きは大漁になるかどうかの大切な分かれ目なんです。もちろん風の無い日でも坊主はありますが、メバル釣りもポピュラーな釣りになりましたが、いつでも釣れるとはまったく限りません。先週爆釣だから今週もとは行かないのがメバル釣り、潮時も波の高さも風も違います。そんな自然を相手にいかにビックな釣りを楽しむかが問題です。


餌釣りを得意とする人は年間で三回くらい餌の種類を変えているようです。初春はシロウオ、それからが砂むし(ゴカイ)、初冬からはシラサエビ(川えび)などですが、一年中同じ餌では絶対に駄目です。餌はメバルがその時期に対象としているものが一番なので、メバルの食生活?を探ることが早道です。


いつでも大漁と行かないのが釣りの醍醐味のひとつ、ストレスを発散するどころか溜め込んでばかりいる人がいるのも事実ですが大漁の時には小さいものはリリースを心がけしましょうね、狙うは30センチオーバーと言いたいのですが、食べられないようなものまで持ち帰るのはちょっと考え物です。


東京では夜釣りのメバル釣りが人気です。船釣りですが夕方6時頃の出航で夜10時から12時頃の帰港になりアナゴとメバルの釣りになりますが夜景もとても綺麗ですし夏の風物詩の様相、夜風がとても心地よいですよ。あなたも出かけてみませんか。


メバル釣りなどに限ったことではありませんが、釣りという行為は海と接する機会が増えるわけです。やはり自然と接するのは充実したものも得る事ができるわけですが、危険というものも多少はあるわけです。このような危険を念頭において忘れずにしておきたいものですね。何かが起こってからでは取り返しがつかないこともあります。

メバル釣りとは

メバル釣りに行きませんか。メバルは春の釣りといわれていましたが、今では一年中メバル釣りを楽しむ人がいます。もちろん全国では時期や時間が違いますので注意して釣行の計画を組む必要があります。詳しいことは地元の釣具店などで聞いてからの方がよいでしょう。


釣行には場所に応じて釣り道具やえさを用意する必要がありますが、メバルの釣りはのべ竿の釣りとワームでの釣りがあります。最初はみんな餌釣り、エサ釣りの探りも奥の深い釣りではありますがワームでの釣りはロッドがあればエサの心配をすることなく釣りに出かけられます。


メバルは釣ってもとても楽しいですが食べてもとても美味しい魚です。どのように調理をしても美味しいです、焼いても煮てもムニエルなんかもとても美味しいです。メバルも捨てるところは骨だけ、自分で釣ったメバルを自分で料理をしてみませんか、まずは刺身からなんてどうでしょうか。


どんな釣りでもそうですが最後は経験とそれに伴うデーターの積み重ねが釣果に出ます。釣れない理由をあれこれ考え、餌を工夫、ワーミングの技術の向上、それがあるから楽しいのです。あなたもメバル釣りに出かけてみませんか、やってみないとわからない素敵な発見があるかもしれません。


メバル釣りといってもゲームではありませんから、これを忘れてはいけないでしょう。相手は生き物ですから工夫する、考えるといった人間特有の武器を生かしていきたいです。何も考えずに楽しむのもいいですが、せっかくの釣りの時間を楽しむためにも釣果がまったくゼロというのはやはり寂しいものかもしれませんね。

メバル釣りをマスターするHOMEへ